X – Jealousy

(1991年作品)

収録曲:

01. Es Durのピアノ線

02. Silent Jealousy

03. Miscast

04. Desperate Angel

05. White Wind From Mr.Martin~Pata’s Nap~

06. Voiceless Screaming

07. Stab Me In The Back

08. Love Replica

09. Joker

10. Say Anything




Xのサードアルバム

インディーズでリリースされた『Vanishing Vision』、メジャーデビュー作の『BLUE BLOOD』、Xというバンドはすでに日本の音楽シーンにおいてブームを超えたムーヴメントとなりつつあった…

「ヴィジュアル系」とカテゴライズされるバンドは数多いが、彼らこそ原点であろう!

なぜならヴィジュアルを超えたその当時の空気を伝えるのが「X」なのだから…

 

本作『Jealousy』は当初、二枚組アルバムとして完成される予定であったが、諸事情により一枚でのリリースとなった。

そしてこの作品はX名義の最後のアルバムとなる(その後はX JAPAN)。

 

あなたはX JAPANを知っているか?

今一度、聴いてみようではないか!

Xの軌跡を…

 

では、

X サードアルバム

Jealousy

についてレビューしていこう。

 

レビュー

YOSHIKIが磔(はりつけ)にされたジャケットデザイン、芸術的な雰囲気すら感じられよう…

そして「X」の文字と「PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK」

もはやヴィジュアル系というジャンルの創始者の貫禄すら漂わせていようか?

 

一曲目「Es Durのピアノ線」、YOSHIKIのピアノでアルバムは静かに幕を開ける。序曲的なインストであり、その美しくも哀しみを帯びた旋律に身をゆだねていると…

最後に不協和音が響き、破滅的な余韻を残して次の「Silent Jealousy」へ。

二曲目「Silent Jealousy」、優美ともいえるピアノのイントロの後、疾走感で突き進んで行く!

ツインリードのギター、オーケストラサウンド、ドラマティックな展開、Xの魅力が凝縮されたスピードナンバーである。

 

三曲目「Miscast」、HIDE作詞作曲のハードロックナンバー。激しさの中にもキャッチーな雰囲気が漂うのはHIDEならでは!

四曲目「Desperate Angel」、TAIJI作曲のアメリカンロック風ナンバー。ロックンロールな疾走感が堪能出来る。

五曲目「White Wind From Mr.Martin~Pata’s Nap~」、PATA作曲のアコースティックギターによるインスト。タイトルが示すようにマーティンのアコースティックギターの素晴らしい音色が堪能出来る。そしてこの曲は次の「Voiceless Screaming」への序曲として位置付けされている…

六曲目「Voiceless Screaming」、TAIJI作曲のバラード。哀愁感漂うナンバーでありTAIJIのアコースティックギターがフィーチャーされている。YOSHIKIのバラードとは違う雰囲気が印象的である。TOSHIの魂の叫びともいえるヴォーカルも素晴らしい。

七曲目「Stab Me In The Back」、スラッシュメタル風ナンバー。

八曲目「Love Replica」、HIDE作曲のインストナンバー。舞踏会をイメージさせるような三拍子のリズムをバックにエレクトロなサウンドが展開されていく。

九曲目「Joker」、キャッチーなロックンロール。HIDEならではの曲であろう。

そして…

ラストは十曲目「Say Anything」、YOSHIKIによるバラードでアルバムは幕を閉じる。

 

アルバムを聴き終えての感想であるが…

Xの集大成ともいえるのではなかろうか?

本来二枚組でリリースされるはずであったが、本作『Jealousy』は次作『ART OF LIFE』と分離されて、その結果バラエティ豊かな曲で構成されたような印象ともいえる。

しかしながら、各メンバーの魅力がそれぞれ発揮されている点では素晴らしい作品となっている。前作『BLUE BLOOD』と比較すれば色々なタイプの曲で構成されているからだ。

大胆な表現になるであろうが、YOSHIKIのカラーは強くはないがXというバンドの魅力を伝えたX名義の最後の作品ともいえよう。

そして…

この作品を最後に「X」は「X JAPAN」となり、YOSHIKIの集大成ともいうべき『ART OF LIFE』がリリースされることになるのである!

X JAPAN

公式サイト
http://www.xjapan.com/index.html