The Beatles - Help!

The Beatles – Help!

(邦題)ビートルズ『4人はアイドル』

(1965年作品)

収録曲:

01. Help!

02. The Night Before

03. You’ve Got to Hide Your Love Away

04. I Need You

05. Another Girl

06. You’re Going to Lose That Girl

07. Ticket to Ride

08. Act Naturally

09. It’s Only Love

10. You Like Me Too Much

11. Tell Me What You See

12. I’ve Just Seen a Face

13. Yesterday

14. Dizzy Miss Lizzy




ビートルズの五枚目

1965年、ビートルズのサウンドにひとつの変化が訪れようとしていた。

本作『4人はアイドル』、アナログ盤A面が二作目の主演映画『ヘルプ!4人はアイドル』のサントラとなっている。

構成的にはサードアルバムと同様であるが、今回の作品ではどのような変化があるのだろうか?

 

では、

The Beatles 五枚目のアルバム

Help!

についてレビューしていこう。

 

レビュー

アルバムタイトル曲の「Help!」で幕を開ける。ストレートかつキャッチーなロックナンバーだ。

しかしその歌詞におけるテーマがひとつの変化を示しているのだ。ラブソングではない。

心の内面の叫びともいえようか?

 

サウンド面においても少しずつではあるが変化が訪れている。

レコーディング技術の進化はもちろんのこと、ビートルズは様々な音楽性を取り入れはじめたともいえる。

その音楽性の幅は「Yesterday」で顕著に表れている。

いうまでもなく「Yesterday」はその後、多くのアーティストにカバーされた名曲であるが、ポピュラー音楽に弦楽四重奏を取り入れた、いわばジャンルを超えたバラードともいえる。

 

アルバム全体としてはどことなく落ち着いた印象であろうか?

もちろん、ポップさとキャッチーなメロディは存在しているのだが…

初主演のサントラのサードアルバムが「陽」とすれば本作品は「陰」とも感じとれる。

 

ビートルズといえば数多くの名盤があるが、

ビートルズが変化し始めた作品が『ヘルプ!』である。

そして、次の作品『ラバーソウル』で初期におけるひとつの完成形となる…

ビートルズ

世界共通オフィシャルサイト
https://www.thebeatles.com/

公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/thebeatles

 

公式Youtubeチャンネルより

「Help!」のMV(ミュージックビデオ)

その映像とは裏腹に「Help!」はジョンの悲痛なる叫びともいわれている。

 

ジョンが「Help!」ならポールは「Yesterday」だ!