ストロベリー・パス – 大烏が地球にやってきた日

(1971年作品)

収録曲:

01. I Gotta See My Gypsy Woman

02. Woman Called Yellow “Z”

03. The Second Fate

04. Five More Pennies

05. Maximum Speed Of Muji Bird (45 seconds of schizophrenic sabbath)

06. Leave Me Woman

07. Mary Jane On My Mind

08. Spherical Illusion

09. When The Raven Has Come To The Earth




成毛滋と角田ヒロ

1970年、ストロベリー・パスは当時の日本のトップギタリスト成毛滋とドラムの角田ヒロ(つのだ☆ひろ)で結成された。

ちなみに当時の日本の音楽シーンはグループサウンズのブームも終焉を迎えていた頃で「日本のロック」が生まれるつつある時代…

その中に登場したバンドのひとつがストロベリー・パスである。

 

のちに「ドクター・シーゲル」とよばれるギタリスト、成毛滋。

誰しもが一度は聴いたことがある名曲「メリー・ジェーン」で有名なヴォーカル&ドラム、つのだ☆ひろ。

そのストロベリー・パスが残した唯一のスタジオアルバムが『大烏が地球にやってきた日』である。

ストロベリー・パスとは一体どのようなバンドだったのか?

 

その当時の彼らが描いた「ロック」を聴いてみようではないか!

 

では、

ストロベリー・パス『大烏が地球にやってきた日』

についてレビューしていこう。

 

レビュー

石ノ森章太郎が描いたジャケットデザインが印象的である。

まさに「大烏」をイメージできよう!

そして、バンド名「Strawberry Path」とアルバムタイトル「When The Raven Has Come To The Earth」、英語で表記されている。

 

一曲目「I Gotta See My Gypsy Woman」、勢いのあるブルースロックで幕を開ける。

曲とギターに関しての印象としてはクリーム時代のクラプトンを彷彿とさせる。しかしそのサウンドは「素晴らしい」の一言である。

 

そして二曲目「Woman Called Yellow “Z”」、ドラムのパワーとテクニックが堪能できるナンバーだ。

この曲のギターソロに関しては、何も言えないくらいに突き抜けている!当時の日本でこれほどのギターを弾けたのは成毛滋だけであろう。

 

インストの三曲目「The Second Fate」、ロックンロールの四曲目「Five More Pennies」、プログレ風インストの「Maximum Speed Of Muji Bird (45 seconds of schizophrenic sabbath)」、ハードロック調の六曲目「Leave Me Woman」と進行していくのだが…

しかし、それにしても…

そのサウンドに圧倒される!

全曲英語で歌われていることからも、何の前知識もなければ「ブリティッシュロック」といわれても不思議ではないサウンド。

当時の日本最高レベルの演奏ではなかろうか?

サウンドのクオリティも素晴らしい。

 

そして…

七曲目「Mary Jane On My Mind」、美しい曲であり、ギターソロもエモーショナル!名曲であろう…

後年になって、つのだひろ自身が再演したヴァージョンもあるが、「メリー・ジェーン」のオリジナルはこのアルバムに収録されている「Mary Jane On My Mind」である。

 

八曲目「Spherical Illusion」、成毛のギターとヒロのドラムがフィーチャーされたインスト。

ハイレベルな演奏を堪能できる曲であろう!

 

そして、ラスト「When The Raven Has Come To The Earth」はこの作品におけるハイライトであるタイトル曲。

成毛ならではのプログレで、長編大作…

そして、アルバムは幕を閉じる。

 

全体的な印象としては、その当時の日本において限りなく洋楽ロックに近いバンドといえようか?

全曲、英語タイトルで英語の歌詞ということもあるが…

成毛滋というギタリストの感性が「日本の音楽シーン」という枠に収まっていなかったからであろう。

 

ちなみに、当時の彼は時代を先取りしすぎて理解されなかったともいわれているが、時が経るにつれて多くのギタリストたちに「ドクター・シーゲル」成毛滋の凄さが評価されていくのである。

 

もしもあなたが日本のロックギターに興味があるのならば、必聴である!

なぜなら、当時の最先端のプレイを聴くことが出来るから…

ストロベリー・パス

成毛滋
Dr. Siegel’s Archives:成毛滋のレア音源

つのだ☆ひろ
http://www.tsunodahiro.com/