ABBA – Voulez-Vous

(邦題)アバ『ヴーレ・ヴー』

(1979年作品)

収録曲:

01. As Good as New

02. Voulez-Vous

03. I Have a Dream

04. Angeleyes

05. The King Has Lost His Crown

06. Does Your Mother Know

07. If It Wasn’t for the Nights

08. Chiquitita

09. Lovers (Live a Little Longer)

10. Kisses of Fire




ディスコサウンドのABBA

1979年当時、世界はディスコ・ブームの頂点であった。その年にリリースされたのが本作『ヴーレ・ヴー』である。

一般的に特に日本では、ABBAはディスコグループと認識される場合も多いのだが…

はたしてそうなのか?

いうまでもなく、彼らのファーストアルバムから時代を追ってここまで聴いてきた人たちには疑問が生じるであろう。

ディスコを否定するわけではないが、ABBAというグループはもっと広い意味で音楽の魅力を伝えるポップグループなのだ。

 

本作『ヴーレ・ヴー』はディスコサウンドのABBAで有名なアルバムである。

その当時の空気を感じながら聴いてみようではないか!

新しい発見があるかもしれないから…

 

では、

ABBA 六枚目のアルバム

Voulez-Vous

についてレビューしていこう。

 

レビュー

一曲目「As Good as New」でアルバムは幕を開ける。

クラシック風のイントロからノリの良いポップ感あふれるサウンドが繰り広げられていく!

目まぐるしい展開でありながらABBAらしい心地よく素晴らしいアレンジだ。

 

二曲目「Voulez-Vous」、ディスコサウンドを大々的にとり入れた軽快なナンバーである。中近東風のギターフレーズがそれに色を添えている。

三曲目「I Have a Dream」、シンプルなアコースティック・ナンバーであるが、異国情緒を感じさせるシンセサウンドが印象的だ。

四曲目「Angeleyes」、ハーモニーが美しいABBAならではのポップナンバー。複雑なハーモニーに反して、リズム面はディスコ風のシンプルなパターンとなっている。

五曲目「The King Has Lost His Crown」、爽やかな雰囲気さえ漂う美しいポップともいえようか?

 

サウンド面でのアレンジに関しては、やはりディスコ風であろう。

それは、スピード感もしくはシンプルなドラムパターンから感じとれる。

 

そしてアルバムは後半部分へ…

六曲目「Does Your Mother Know」、ノリの良いロック風ナンバーである。

七曲目「If It Wasn’t for the Nights」、美しいストリングスサウンドとハイトーンヴォーカルが印象的なポップナンバー。

八曲目「Chiquitita」、アコースティックギターとピアノが美しいバラードナンバー。サビでは壮大なるコーラスが堪能できる。ちなみにこの曲はユニセフに提供されたチャリティーソングである。

九曲目「Lovers (Live a Little Longer)」、ソウル色の強いアメリカン風ナンバーだ。これまでのABBAにはなかったタイプの曲であろう。

十曲目「Kisses of Fire」、静かなイントロから軽快なリズムにのっていくシンプルで爽快なポップナンバー。

 

アルバムを聴き終えての感想を述べさせていただこう。

たしかに本作『ヴーレ・ヴー』にはディスコソングともいえる曲も収録されており、全体的なリズムアレンジはドラムの4つ打ちが多用されている。

しかし、それ以上に色々なタイプの曲がこのアルバムをバラエティ豊かな作風に仕上げているのである。

もっと具体的に言えば…

ABBAサウンドという土台の上にディスコ的要素をとり入れ、しかも色々なタイプの曲で構成されている、とも感じとれよう。

 

これまでのABBAがそうであったように色々な要素を自分たちの音楽にとりいれてオリジナリティを確立させている作品…

それが『ヴーレ・ヴー』である!

ABBA(アバ)

公式サイト
https://abbasite.com/