Rainbow – Ritchie Blackmore’s Rainbow

(邦題)レインボー『銀嶺の覇者』

(1975年作品)

収録曲:

01. Man on the Silver Mountain

02. Self Portrait

03. Black Sheep of the Family

04. Catch the Rainbow

05. Snake Charmer

06. The Temple of the King

07. If You Don’t Like Rock ‘n’ Roll

08. Sixteenth Century Greensleeves

09. Still I’m Sad




レインボーのファーストアルバム

1975年、ディープ・パープルを脱退したリッチー・ブラックモアは、かねてより準備していた自らのアルバムを発表することになる。

アルバムタイトル「Ritchie Blackmore’s Rainbow」が示すようにリリース当初は彼のソロ作品的な意味合いが強かったが、本作品はレインボーのファーストアルバムである。

エルフというバンドを吸収するような形で結成されたレインボーであるが、歴史はここから始まる。

 

アルバムごとにメンバーチェンジを繰り返しながら理想を追い求めたリッチー・ブラックモアのレインボーの原点…

今一度、聴いてみようではないか?

 

では、

Rainbow ファーストアルバム

Ritchie Blackmore’s Rainbow

についてレビューしていこう。

 

レビュー

虹をバックにギターの城…

まさにレインボーの誕生にふさわしいジャケットであろう。

 

「Man on the Silver Mountain」でアルバムは幕を開ける。

ヘヴィかつ哀愁感漂う、ミディアムテンポのナンバーである。リッチーのギターの魅力が遺憾なく発揮されているのではなかろうか?

レインボーの初代ヴォーカルは言わずと知れたハードロック界の重鎮、ロニー・ジェイムス・ディオであるが、このアルバムで聴かれる歌唱はまだ発展途上であったともいわれている。しかし今後のレインボー作品を経て彼のスタイルを完成させていくのも事実だ。

その意味でもディオの原点はレインボーなのかもしれない。

 

二曲目「Self Portrait」、三拍子リズムのブルースロック風ナンバー。ロニーのヴォーカル・メロディとリッチーのギター・フレーズが見事に溶け合っている!

三曲目「Black Sheep of the Family」、シンプルなロックナンバー。クォーターマスのカバーであるが、リッチーのボトルネック奏法が独特の味を出している。

四曲目「Catch the Rainbow」、哀愁に満ちたバラード。レインボーの象徴といえるようなナンバーといえばおおげさであろうか?レインボーの世界が展開されていくような壮大感さえ漂う美しい曲である。邦題では「虹をつかもう」であるが…

虹をつかむアルバムジャケットの屈指の銘盤『虹を翔ける覇者』を連想させるような素晴らしい曲だ。

 

そして、アルバムは後半部分へ…

五曲目「Snake Charmer」、ノリのあるストレートなロックナンバーであるが、リッチーとロニーの個性が見事にかみ合っているような曲であろう。

六曲目「The Temple of the King」、まさにリッチーならではの曲。中世ヨーロッパの民族音楽的な雰囲気であり現在のブラックモアズ・ナイトに通じるものが感じ取れる。

七曲目「If You Don’t Like Rock ‘n’ Roll」、古典的かつシンプルなロックンロール・ナンバーである。

八曲目「Sixteenth Century Greensleeves」、ヘヴィなリズムのハードロック・ナンバー。

ラストの九曲目「Still I’m Sad」はヤードバーズのカバー。大胆にインスト曲として、リッチーの個性を発揮させて見事なアレンジとなっている!

そして、レインボーのファーストアルバムは幕を閉じる…

 

聴き終えての感想を述べさせていただこう。

賛否両論あるかもしれないが「ハードロック」の象徴であるディープ・パープルの先を受け継いだのがレインボーであろう。

その当時のリッチーの「理想」が感じとれるような作品なのだ。

正直言って、本作『銀嶺の覇者』はトータルバランスにおいて、未完成であるのは否めない。

しかし、この先に発表されていく数々の傑作は、リッチー・ブラックモアの影響を受けた数々のハードロック・ヘヴィメタルのバンドたちにに受け継がれていく。

 

もしもあなたがリッチー・ブラックモアのレインボーを知りたければ、このアルバムだけではなく次のアルバム『虹を翔ける覇者』もあわせて聴いていただきたい。

なぜなら、本作『銀嶺の覇者』はレインボーの序章にすぎないのだから…

 

 

レインボー

リッチー・ブラックモア公式サイト
https://www.blackmoresnight.com/