Deep Purple – Deep Purple in Rock

(邦題)ディープ・パープル『イン・ロック』

(1970年作品)

収録曲:

01. Speed King

02. Bloodsucker

03. Child in Time

04. Flight of the Rat

05. Into the Fire

06. Living Wreck

07. Hard Lovin’ Man




リッチー・ブラックモアの野望!

「第一期」ディープ・パープルが終わり、この作品からリッチー主導権による「第二期」、ハードロック・バンドとしての地位を確立していくのであるが…

本作『イン・ロック』はバンドの命運を賭けた渾身の野心的作品ともいわれている。

 

ジョン・ロードによるプログレ的な音楽性とオーケストラとの共演、それに対してリッチーは当時成功をおさめつつあったレッド・ツェッペリンのようなロックアルバムを提案するのであった。

その結果、このアルバムはディープ・パープルの代表作のひとつとなり、その後の彼らはハードロックの中心的存在となっていくのはご周知のとおりであろう。

今一度聴いてみようではないか!

ハードロック・バンド、「第二期」ディープ・パープルの誕生を…

 

では、

Deep Purple in Rock

についてレビューしていこう。

 

レビュー

アメリカの歴代大統領が彫刻されたラシュモア山をモチーフとしたアルバムジャケットである。

「第二期」ディープ・パープルのラインナップは、

イアン・ギラン(ヴォーカル)

リッチー・ブラックモア(ギター)

ジョン・ロード(キーボード)

ロジャー・グローヴァー(ベース)

イアン・ペイス(ドラム)

 

アルバムはリッチーのギターで幕を開ける!

そしてジョン・ロードのオルガン、静寂感の後…

一曲目「Speed King」、ハードロック・サウンドにのるイアン・ギランの力強いヴォーカル、まさに「第二期」ディープ・パープルの幕開けであろう。

二曲目「Bloodsucker」、さらに勢いよくハードなナンバーが続く。ギランのハイトーン・ヴォーカルの魅力が発揮されているのはもちろんのことギターソロとオルガンソロも堪能できる。

 

三曲目「Child in Time」に関しては説明不要ともいえるディープ・パープルの五本の指に入るであろう名曲。

ハードとドラマティックが結実したディープ・パープルのハードロック「様式美」がそこに感じとれよう。

静かに囁くように歌い上げ、超ハイトーンでクライマックスへ…

そしてボレロのリズムでクライマックスへ突入、リッチーのギターが炸裂!

再び静寂…

そして圧巻のラスト!

それに加えて、歌詞もシリアスで深いのである。まさに名曲であろう。

 

アルバムは後半へ…

四曲目「Flight of the Rat」、キャッチーな雰囲気で始まるが、やはりサウンドはハードである。ジョン・ロードのハモンドオルガンとリッチーのギターが白熱した演奏を繰り広げていきつつもイアン・ペイスのドラムもフィーチャーされた曲となっている。

五曲目「Into the Fire」、ヘヴィなロックナンバーである。

六曲目「Living Wreck」、これもミディアムテンポでヘヴィなナンバー。

激しさだけではなく重圧感あふれるグルーヴ…

ラスト「Hard Lovin’ Man」、ハードなドライヴ感で突き進む!

それにしても、激しさの中にもドラマティックに展開させているリッチーのギタープレイはまさに神がかっていよう!

そして、完全燃焼ともいえるようなギターでアルバムは幕を閉じる…

 

あらためて聴き終えてのトータルでの感想を述べさせていただこう。

完璧であり基本、ハードロック・アルバムの醍醐味が凝縮された作品ともいえよう。

それに加えてエモーショナルかつ芸術的!

 

ハードロックとは何か?

その答えはこのアルバムに凝縮されている…

美しいだけが音楽ではない、激しいだけがロックではない、それを肌で感じとれるような「銘盤」である!

ディープ・パープル

公式サイト
http://www.deeppurple.com/