Deep Purple – Burn

(邦題)ディープ・パープル『紫の炎』

(1974年作品)

収録曲:

01. Burn

02. Might Just Take Your Life

03. Lay Down, Stay Down

04. Sail Away

05. You Fool No One

06. What’s Goin’ on Here

07. Mistreated

08. “A” 200




「第三期」ディープ・パープルの代表作!

前作『紫の肖像』を最後に、イアン・ギランとロジャー・グローヴァーの脱退となる。

そして「第三期」ディープ・パープルは誕生する…

ヴォーカルは当時無名であったデイヴィッド・カヴァデール、ベースはヴォーカルもとれるグレン・ヒューズ、その二人のヴォーカルをフィーチャーして新境地を展開させていくのである。

 

本作『紫の炎』は、リッチーのギターと作曲面においてさらなる進化、バンドをさらなるステージと引き上げた野心作ともいわれている。

新たに加わったカヴァデールとヒューズの、R&Bやソウルの「色」がディープ・パープルに加わり、最高の輝きを放つのである!

 

では、

Deep Purple 「第三期」の代表作

Burn

についてレビューしていこう。

 

レビュー

そのタイトルを表しているかのようなアルバムジャケットであろうか。

メンバーのろうそくの炎、そして裏ジャケでは炎が消える…

 

アルバムは一曲目「Burn」で幕を開ける!

ディープ・パープルの真骨頂ともいうべきハードロックの「スピード感」とクラシック音楽の「美」が結実した様式美ともいえようか?

ハードかつ美しい…

ちなみに、第二期におけるライヴの一曲目に演奏されていた「Highway Star」と同じアプローチである。スピード感&インパクトのある曲で、しかもドラマティックな展開。

その二曲の違いといえば、

「Highway Star」は8分音符を主体としたシンプルなリフで刻むギターをバックにストレートなシャウトがメイン、そしてオルガンソロとギターソロを経て、エンディング。

「Burn」はメインテーマであるインパクトのあるリフをはさみつつ、ヴォーカル部分では目立たないロングトーン中心のプレイ、サビはコーラスで聴かせる、そしてギターソロとオルガンソロを経て(ギターとオルガンのソロの順番が逆である)、エンディング。

第二期のライヴが「Highway Star」から始まるように、第三期のライヴ一曲目は「Burn」となる。

 

二曲目「Might Just Take Your Life」、カヴァデールとヒューズのツインヴォーカルが堪能できるミディアムテンポのナンバー。

三曲目「Lay Down, Stay Down」、ノリのあるシンプルなロックナンバー。リッチーのギターソロも自由奔放に展開されている。

四曲目「Sail Away」、ジョン・ロードのシンセが独特の雰囲気を醸し出している。ヘヴィかつブルージー、それでいてパープルらしいフレーズが展開される曲だ。

 

そしてアルバムは後半部分へ…

五曲目「You Fool No One」、ファンキーさとソウルな雰囲気をもった勢いのあるナンバーである。しかし、ここでもリッチーのギターは水を得た魚のように活き活きとしている素晴らしいプレイだ。

六曲目「What’s Goin’ on Here」、シャッフルのリズムが心地よいロックンロール風ナンバー。軽快なピアノが印象的であり、ジョン・ロードのジャジーなピアノソロも堪能できる。

七曲目「Mistreated」、カヴァデールの感情的な歌唱が魅力的なブルースだ。しかもリッチーのギターがさらにドラマティックな曲として仕上げている!この曲も「Burn」と同じく第三期パープルの代表曲である。

ラスト「”A” 200」、ジョン・ロードのシンセサウンドがフィーチャーされたインストでアルバムは幕を閉じる。

 

アルバムを聴き終えての感想を述べさせていただこう。

R&Bやソウルを基調とした楽曲で構成されており、時にはファンキーな色さえ見える。ヘタすれば「パープルらしくない」とも言われそうであるが、それを見事に「第三期」ディープ・パープルとして完成させているのではなかろうか。

これまでのイアン・ギランによるハイトーン・シャウト「王道スタイル」から良い意味で脱皮したともいえる。

音楽性に関しては第二期からガラリと変貌しているにもかかわらず、ディープ・パープルの代表作のひとつとなるのだが…

 

なぜこのアルバムは「名盤」なのであろうか?

 

歌はもちろんのこと、演奏が素晴らしいのである!

あまりにもタイトル曲「Burn」が凄すぎるので他の曲がかすんでしまうのは仕方がないが、アルバム全体には「エナジー」ともいうべきハードロックの魅力が感じ取れよう。

そのエナジーに満ち溢れているのが本作『紫の炎』の魅力ではなかろうか?

バンドのスピリットというべきものは形となって必ずリスナーに伝わる…

まさに「第三期」ディープ・パープルの代表作である!

ディープ・パープル

公式サイト
http://www.deeppurple.com/